好意的であることと、敵対的であることのそれぞれがビジネスにおいてポジティブにはたらくケースと、ネガティブにはたらくケース

とある動画の中で、「好意的(動画の中では、agreeablenessという言葉が使われている)がビジネスの成功にとってはマイナスに働く。」というような発言がありました。

好意的

〘形動〙 その人の立場、考え方を尊重して、その人のためになるようにはからうさま。また、ある人や物事に対して好ましく感じているさま。

コトバンク

agreeableness

協調性(英: Agreeableness)とは、親切、同情的、協力的、暖かい、思いやりがあると人に認識される個人の行動特性に現れる性格特性のことである。

Weblio英和辞書

「えー、そうなのかー。」と思いました。なぜなら、わたしは好意的な方だと思いますし、どちらかというと好意的なほうがビジネスの成功にプラスに働いてほしいと願っているからです。(うすうす、好意的でないほうがビジネスに向いているというような感覚もあるからです。)

好意的の反対語を、敵対的として、その両方のアプローチがビジネスにおいてポジティブにはたらくケースと、ネガティブにはたらくケースを質問しました。

https://chat.openai.com/share/f5ff75ee-b644-4edd-920b-6153d104d37d

その答えは、どれもわたしには納得しやすいものでした。特に好意的な側のポジティブな面は我々の強みと直結するように感じましたし、またネガティブな面は弱点になりうるものだと感じました。実際に心当たりもたくさんあります。

そして、敵対的なアプローチにおけるネガティブな部分はわたしが懸念しており、避けたいことだと感じました。ポジティブな部分はピンときませんでした。これは敵対的という言葉自体にネガティブ要素が含まれているからです。別の言葉で言い直せばもっと良い比較ができるかもしれません。

ただ、ここでわかったことは、好意的なことも、敵対的なこともどちらもがメリットもデメリットも有るということでした。そして、何度もでてくるバランスが重要である。ということです。

これは、わたしにとっては新たな発見だったと感じています。今後は、敵対的なアプローチを取る可能性があることをチームメンバーにつたえ、「いまから敵対的なアプローチをしてみるね。」ということを伝えたうえで、それを使ってみようかと思います。

Cases in which being friendly and being hostile each have positive and negative effects on business

In one video, “好意的 Ko-i-te-ki or ‘Favoritism’ (also where the word agreeableness is used) is negative for business success.” The statement was made as follows.

好意的 Ko-i-te-ki

〘Formal verb 〙The way in which one tries to favor a person by giving him or her the benefit of one’s position or way of thinking. In addition, a feeling of fondness toward a certain person or thing.

Source: Koto bank

Agreeableness

Agreeableness is a personality trait that can be described as cooperative, polite, kind and friendly.

Source: Psychology Today

“Oh, is that so?” I thought. The reason is because, I think I am a positive person, and I hope that being positive will help me succeed in my business. (I also feel in a subtle way that having less favoritism is better for business.)

The opposite of favorable is hostile, and I asked open AI about cases where both approaches would work positively and negatively in business.

https://chat.openai.com/share/f5ff75ee-b644-4edd-920b-6153d104d37d

The answers to all of these questions made a lot of sense to me. I felt that the positive aspects, especially on the favorable side, were directly related to our strengths, while the negative aspects could be our weaknesses. In fact, many things comes to my mind.

On the other hand, the negative aspects of an hostile environment were something I was concerned about and wanted to avoid. The positive aspects in this area didn’t resonate with me. This is because the word “hostile” itself contains a negative element. Perhaps a better comparison could be made by using a different word.

However, what I learned here was that ‘favorable’ and ‘hostile’ both have their own advantages and disadvantages. And what’s more is you need to remember about ‘balancing’.

This was a new discovery for me. I told my team members that I might take an ‘hostile’ approach in the future. Just like that, I said “From now on, I’m going to try to take an hostile approach.” I think I will try to use it.